事業融資を円滑にしたかったら実績作り

事業融資を円滑にしたかったら実績作り

銀行からの融資をより受けやすくするためには、普段からの付き合いが必要です。

最初の融資が切羽つまった融資では、簡単に審査に通らないような状況になるでしょう。

別段融資を受ける必要がない場合でも、

とりあえず、担当者に相談して融資を受け、そして利息がたくさんかからないうちに

繰り上げ返済してしまうとか・・・家族の預金などもしておくとか・・・

メインバンクをまず作り、日ごろの付き合いと信用を作っておくことが

経営者にとって重要なことだと思います。

本当に資金が必要になった時に、やっぱり信頼関係がある方が、

銀行の融資担当者も貸出安いわけですし、

日ごろの資金の流れが、わかっていれば審査も早く通ります。

融資の必要が無い時こそ、付き合いを密にしておくことが、必要になった時の資金調達に役立つという事です。

事業融資をいかにうまく受ける体制を作っておくかという事が、経営者の手腕と言えるでしょう。

ビジネスローンと個人事業

民間の金融機関でも個人事業者のためのローンというものがあります。

たいてい商品名としては、ビジネスローンというものになっていると思います。

銀行のビジネスローンの場合、無担保で信用貸しという形が多いと思いますがその分、限度額は300万円ぐらいが一般的です。 個人事業者でも、開業から3年位たっていて、順調に経営で来ているのだったらこのビジネスローンの利用ができると思います。 公庫などに比べれば、金利も高いですし、限度が聞くもちいさいので、あまり大きな資金需要には向きませんが、いざという時のつなぎ融資としては重宝すると思います。

ただし、ある程度取引の実績がその銀行にあったほうが、スムーズに審査ができるので、

ビジネスローンのある銀行とは、普段の付き合いをしておくようにした方がいいと思います。

個人事業主の場合は、地方銀行などでビジネスローン商品があるところがいいでしょう。

新規事業の開業資金には利用できませんが、運転資金が一時的に不足しそうな時などに役立つでしょう。
page top