事業ローン・資金調達・資金繰り解消に

事業に失敗した人がかりられる事業ローン

さすが、国の金融機関です。事業に一度失敗している人にも手を貸してくれる事業融資制度があります。

再挑戦支援資金というもので、過去に開業して失敗してしまった人でも再挑戦のための事業金を貸してくれるというありがたい制度があるのです。

いくつかの事業していて、一つの事業を失敗してしまったという今も事業をしている人でもいいですし廃業をしている人が再起する場合でもいいわけです。

廃業が条件とされていますので、順調に事業している人や新規開業資金を求めている人は対象となりません。

この事業ローンの貸出額は2000万円ですが、東日本大震災の地震・津波により直接被害を受けたことによるものである場合、または 原子力発電所の事故に関する警戒区域等内に事業所を有していたことによるものである場合は最大8000万円まで融資を受けることができるようになりました。

特に、被害が甚大だった人には、この業ローンの金利はゼロでの勝司家もされることになっています。

資金の借り換え

資金の返済が苦しくなったら、債務額と同じ金利で同じ金額を借りてまとめて返済し。

 

返済期間を長くして、月々の返済額を減らすという方法もあります。

 

借り換えはカードローンでは事業資金には使えない場合が多いので、ビジネス資金専門の貸金業者で借りるか、

 

売り掛け債権があれば、それを利用して借りるという手段もあります。

資金調達記事一覧

商品を仕入れて売る、もしくは、材料を仕入れて加工して売るというビジネスをやっている場合、資金調達資金繰りという難題はいつもおこってきます。一番の問題は、運転資金がショートしてしまう事。資金繰り予定では問題なくても、突然との引き裂きが支払いを延期してくれとか・・・倒産してしまったとか・・・そんなことは、今の時代当たり前のように起きてきます。もちろん支払いの決済日までに十分時間があれば、メインバンクで...

銀行からの融資をより受けやすくするためには、普段からの付き合いが必要です。最初の融資が切羽つまった融資では、簡単に審査に通らないような状況になるでしょう。別段融資を受ける必要がない場合でも、とりあえず、担当者に相談して融資を受け、そして利息がたくさんかからないうちに繰り上げ返済してしまうとか・・・家族の預金などもしておくとか・・・メインバンクをまず作り、日ごろの付き合いと信用を作っておくことが経営...

私募債という資金調達ほうがあるそうです。全く聞いたことも、見たこともないものですが・・・金融機関で融資を受けるのではなく、要は出資してもらうという形です。残念ながら株式会社でしかできないようです。といっても、株式の発行ではないので、取締役会だけで決議ができるというのが利点です。お金持ちの投資家に出資してもらって資金を調達するとか・・・そんな方法ともいえるかもしれませんが、議決権とか、そういう会社経...

日本でも少しづつ、動産を担保に資金を融資してくれる金融機関が出てきています。米国などでは、動産を担保として事業ローンを来ることは一般的なことになっているそうです。日本では、信用を担保とするか、不動産を担保とするものが事業資金融資の死たる方法となっていますがバブル崩壊以降、不動産の価値が上がるよりも下がっていくことが多い中では、不動産担保での資金の融資が難しくなっていていることまたすでに担保に入って...

page top