話題の退職代行サービスがスゴイ!気になる実態に迫ります

話題の退職代行サービスがスゴイ!気になる実態に迫ります

様々なメディアで取り上げられ、今話題になっている退職代行サービス。

 

利用者が急速に増えたことからもわかるように、退職代行は待ち望まれていたサービスとして脚光を浴びています。

 

労働者には退職の自由があり、いつでも退職の意思表示をして、会社を辞めることができます。

 

しかし、仕事を辞めたくても、さまざまな要因が足かせになってやめられないことがあります。

 

そんな人の一筋の光となってくれるのが「退職代行サービス」です。

 

名前の通り、依頼をすると自分の代わりに退職の手続きをしてくれるサービスですが、まだ新しいものなので情報が不足しがちです。

 

どんなことをするのだろう?怪しくないの?料金はどのくらい?と疑問に思う方も多いですよね。

 

そんな疑問を解消するべく、退職代行について解説していきたいと思います。

退職代行サービスとは?

退職代行とは、辞意を会社に伝えられない依頼者に代わって、会社に退職の意思を伝え、退職を実行するサービスのことです。

 

自ら会社に退職の意思を告げ、円満退社できればそれが一番よいのですが、スムーズに辞めることが難しい場合があります。

 

上司からの長時間の引き留めや、人手不足で言いずらい、辞めたいと口にしたら嫌がらせされるようになった…というような事例が実際に起こっています。

 

またパワハラや、過重労働などで「一日でも早く会社を辞めたい」という方にとって退職代行サービスは必見の内容です。

退職代行を使う人にはさまざまな理由がある

実際に退職するとなると、上司に直接辞める旨を伝えてなくてはなりません。

 

退職が決まると残務処理や引継ぎなど、より忙しくなることもあります。

 

ただでさえ仕事を辞めたいと思うほど疲弊しているのに、追い打ちをかけるようなことにもなりますよね。

 

退職代行サービスを使っている人には以下ような悩みを持っている方が多いです。

  • 長時間のサービス残業がツライ
  • 引き留めが長すぎて辞められない
  • 1日も早く会社を辞めたい
  • 上司と顔を合わせないで辞めたい
  • 人手不足で言いづらい
  • 会社から電話が来ないようにしたい
  • 家族に知られないように辞めたい
  • パワハラ、セクハラが酷くて耐えられない

こうしてみると、会社自体がコンプライアンス違反をしている場合も多く、スムーズに辞めにくい環境なことも退職代行が選ばれる一因になっています。

 

最近では人材不足から長時間慰留したり、退職が「無責任だ」「悪だ」などと叱責されたりする「慰留ハラスメント」が広がりを見せています。

 

ハラスメントを受けるとメンタル的に疲弊して、判断能力が落ち、辞めたくても辞められない状況に陥ることもあります。

 

「辞めたい」と思うほどストレスがかかっているのに、退職のためにより強いストレスをため込むことになってしまいますよね。

 

退職代行は、このような退職を阻害する要因を一挙に請け負い、退職へと実行させる労働者にメリットの大きいサービスなのです。

退職代行サービスは怪しいという噂はホント?

インターネット上では、退職代行サービスは怪しい!という声も上がっています。

 

退職代行は最近広がりを見せ始めたサービスなので、馴染みのない言葉ですよね。

 

聞いたことがないことを懐疑的に思う人は多いです。

 

また、一般的に退職は自分で切り出すことが常識とされているので、何か怪しいのではないかと思う人も多いようです。

 

年配者ほど「退職代行を使うなんて考えが甘い!」「退職代行なんてありえない!」といった考えを持つ方も多く、否定的にとらえられがち。

 

退職代行は今までの常識を覆すような条件がそろっているので、印象だけで「怪しい」と言っている人が多いようです。

違法行為には当たらない

「退職代行サービス」と聞くと目新しいもののように聞こえますが、実はこのようなサービスは以前からあったものなのです。

 

主に弁護士が業務の一環で行っていたものに、代行業者が目をつけ一挙に広がっていきました。

 

弁護士ではない業者が代行しても違法にならないの?と疑問をもつ方も多いですが、違法にはなりません。

 

退職代行は、退職までの手続きをサポートするだけなので合法なのです。

 

民法では「退職の意思を伝えてから2週間後に会社を辞めることができる」と決まっているため、会社が了承しなくても退職の意思を告げれば、2週間後に自動的に退職ができるのです。

 

仮に就業規則や労働契約があり「退職は1ヶ月前に申し出る」とされていても、法律でないので従う必要はありません

 

退職までの2週間は、有給を取得するか、有給がない場合は欠勤という形になります。

 

そうなると会社としてもメリットがないため、「本日付けて退職にします」とまとまることが多いのです。

 

結果として即日退職という形になります。

詐欺業者は存在する

 

ただし、詐欺業者は存在するので注意が必要です。

 

退職代行サービスは、ここ最近の潮流にのって新設したばかりの業者が多く、住所がバーチャルオフィスだったり、代表者の名前すら不明の会社も存在します。

 

あまりにも費用が安かったり、会社情報を公開していなかったり…そのような業者に申し込むのは危険です。

 

有給消化ができない、退職に必要な書類が届かない、追加料金が増え続けるなどのトラブルに遭う可能性があります。

 

最悪の場合、入金後に連絡が途絶えてしまい退職に失敗することも…。

 

こういったトラブルに遭わないためにも、退職代行業者選びは重要なのです。

 

退職代行サービスの選び方!トラブルを避ける3つのコツ

新しい会社が多い退職代行サービスで業者選びに失敗しないためにはどのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

 

これだけはおさえたい3つのポイントを見ていきましょう。

1.会社の詳細がわからない業者は避ける

 

上記でも述べましたが、最近では新設の業者が増え、退職代行業者が乱立し始めています。

 

中でも実態がよくわからない会社に申し込むのは危険です。

 

このような業者は「最安値!」などと謳い、破格の安さを売りにして集客していることが多いです。

 

最低でも代表者の氏名、住所を確認しましょう。

 

実績を確認することも忘れずに。

 

創業年数が古い会社は、まだ退職代行が広がる前から業務をこなしているので安心感がありますよ。

2.顧問弁護士がいる業者を選ぶ

退職業務をしっかりと遂行するためには、ノウハウが必要になります。

 

ノウハウをしっかっりと業務に還元し、さらに信頼度が高いサービスを利用したいなら、「顧問弁護士」がいる業者を選ぶべきです。

 

顧問弁護士は、依頼者が会社から訴えられるようなことがないようにスキームを組んでいるので、安心してサービスを受けることができます。

3.無料相談時の対応をしっかり確認する

 

無料相談は、どのような業者か見極めるのにも適しています。

 

無料相談時に対応が遅い、説明が不明瞭、あいまいな返事をした、少しでも不誠実な対応をした…などといった、腑に落ちない対応をされたときは別の業者に変更することをお勧めします。

 

法律を順守して、退職まで遂行する業者であれば、最初の相談時に的確に対応することができるからです。

 

人気の退職代行業者を調べてみた

様々な業者がある中でも特におススメなのが、この3つのポイントを全てクリアした退職代行サービスをしらべてみた。

 

すると、退職代行サービス脱出24時という条件をクリアした業者があったので、まとめてみました。

 

 

安心感抜群

創業15年の歴史を持つ退職代行業界の老舗企業。

 

弁護士監修の元、退職率100%の実績を持ち、創業から15年の間失敗がないことでも有名です。

 

相談は何度でも無料ですることができますし、退職届の書き方のアドバイスをしてくれたり、必要書類の発送方法なども丁寧に対応してくれます。

 

退職が実現した後のフォローも万全で、継続したサポートを受けることが可能。

 

失業保険給付支援、有給休暇消化取得支援、退職後の就職サポートと、依頼者目線のサポートが充実しているようです。

 

《脱出24時の支援体制》
  • 失業保険給付サポート
  • 有給休暇の消化取得サポート
  • 退職後の就職サポート
  • 行政書士監修の退職届テンプレ進呈

どれも依頼者が退職の際に不安に思うことを解消できる内容で、脱出24時から最大限の支援を受けることができます。

 

また担当者は、男性・女性と選択することができるので、フィーリングの合う担当者と打ち合わせをすることができそうです。

 

脱出24時の料金はいくら?

退職代行サービスの相場は3万円から8万円と言われています。

 

脱出24時のサービス料金は29,800円となっています。

 

相場以下の値段なので安いと思います。

 

別途料金や、オプション料金、成功報酬を上乗せする業者もある中、脱出24時は追加料金一切なしなのがいいですね。

 

万が一退職ができなかった場合は全額返金保証付きなので安心です。

神対応かも?!サービス内容

退職代行に依頼すると、どのような流れで退社にいたるのでしょうか。

 

実例を上げてみていきましょう。

 

具体的な流れとしては6STEPあります。

  1. 電話やメール、LINEなどで退職代行業者に連絡を取る
  2. 退職代行業者に要望を相談。また、金銭面での案内を聞く
  3. 退職代行を申し込み、料金を支払う
  4. 担当者と打ち合わせをして最終確認
  5. 退職手続きが開始される
  6. 退職の連絡が届く

 

それぞれについてさらに詳しく見ていきましょう。

 

STEP1 電話やメール、LINEなどで退職代行業者に連絡する

最初のステップとして、退職代行業者に連絡することから始まります。

 

脱出24時では電話やメールだけでなく、LINEでの対応もしているので、より手軽に問い合わせをすることができます。

 

 

STEP2 要望を相談し、サービスの内容と料金の確認

次に、どうして退職したいのか、いつまでに退職したいのかなどの大まかな内容を相談します。

 

脱出24時では相談は何度でも無料ですることができます。

 

要望などを伝え終わると、契約の説明になります。

 

心配なところや、わからない点があればしっかり確認しておきましょう。

 

STEP3 退職代行の申し込みをし、料金を支払う。

脱出24時から、サービス内容と料金を確認し、問題がなければ契約締結です。

 

代行の手続きは、支払いが完了してから開始されます。

 

決済方法はクレジット払いか銀行振り込みを選ぶことができます。

 

業者によって支払い方法に違いがみられますので、他の業者を選んだ場合は依頼前にチェックしておくことをお勧めします。

 

また、即日退職を希望する方は、申し込みの時点でお金を準備しておく必要がありますのでご注意ください。

 

担当者と打ち合わせをして最終確認

入金後すぐに退職の手続きに入る業者が多い中、脱出24時は再度打ち合わせをして退職に向けての最終確認をしています。

 

ここでの打ち合わせも、電話のみならず、メールやLINEも使えますので、ご自身に合った方法で確認を取ることができます。

STEP5 脱出24時が退職の手続きを開始する

依頼者の会社に脱出24時から退職の連絡が入ります。

 

退職に必要な業務連絡を行ってくれるので、会社の責任者との交渉を一任することができます。

 

依頼者が会社と交渉することは一切ありません。

 

退職が完了するまで、随時連絡を取り続ける無制限対応も心強いです。

 

連絡方法は電話・メール・ラインとここでも手段を選ぶことができます。

STEP6 脱出24時から退職の連絡が入る

脱出24時の担当者と会社側の責任者との話がまとまった時点で退職が認められます。

 

退職に必要な書類は脱出24時のテンプレートを使って処理することができます。

 

会社に必要書類の郵送を行うと全ての手続きが完了します。

 

脱出24時なら退職後のフォロー体制も万全ですので、余裕をもって再就職先を探すことができますよ。

まとめ

退職をしたくても尻込みしてしまう方の救世主ともいえる退職代行。

 

退職の際にかかるメンタルストレスを解消して新しいステージに導いてくれる、一刻も早く会社を辞めたい!という方にとって便利で合理的なサービスです。

 

今の会社がツラくて精神的に消耗している方は、まずはこちらの退職代行に相談してみてはいかがでしょう。

page top