地方公共団体の制度融資とビジネスローン

地方公共団体の制度融資とビジネスローン

銀行でビジネスローンを直接借りるよりも、もっと有利な条件で借りる方法があります。

それは、自治体の制度融資を利用する方法です。

各自治体は、地元の中小企業の事業活動支援をしています。

事業税は地方税ですから、自治体の経営に、事業所の繁栄が不可欠なわけですから当然です。

しかし、今は殆どの地方自治体が、自分で直接自治体の予算から捻出して資金融資をしていることはないようです。

そのような余裕のある自治体が少ないという事もあるでしょう。

ですから、結局は自治体が貸し付けてくれるのではなく、銀行が融資をすることは変わりがありません。

しかし、自治体が信用保証協会とともに保証してくれるので、金融機関は貸し出し安くなります。

金利はその銀行のビジネスローンの金利と同程度の融資になってしまうわけですが・・・

その分、自治体が、金利の補助をしてくれるので、実質的に事業ローンの総支払額分は安い金利で借りたのと同じになります。

申込みは銀行を通して、この制度融資を申し込むこともできます。

page top