民間金融機関との良好な関係を作る

民間金融機関との良好な関係を作る

中小企業や個人事業の場合、市場で資金を調達することができませんから、

まずは自己資金と、公庫で資金調達をします。

しかし、それだけで事業を伸ばしていくことはできません。

どうしたって、銀行から融資を得て、事業を拡大させていくしかないのです。

新しい利益を生みだすには、投資をしなければなりません。

既存のビジネスだけで拡大していくことはできないですから、

拡大や、新規の収益のためにはどうしても、資金を入れて、新しいことをやっていく必要があります。

そんな時にはどうしても銀行からの融資にも頼らなければなりません。

しかし、銀行は、この不景気で、ビジネスローン融資よりも、確実性の高い個人の

住宅ローンや教育ローンへの融資に力を入れています。

ですから、日ごろから取引関係や実績をつくり、

家庭のローンや定期、投資信託などで、銀行とのつながりを持っておくことで

いざ融資が必要になった時に融資をスムーズにしてもらうことが必要なのです。

普段からの付き合いが資金調達のための対策となってくるのです。

商工ローンは避けたほうがいい?

事業資金が急に足りなくなった場合、どうしても借りやすいところから借りてしまうのは仕方がないことですが・・・

やっぱりその場をしのげても、あとで困ったことになることがおおいので、つなぎ融資と言えども、借りるところはよく考えるべきです。

一番まずいとされているのは、商工ローン業者といわれる、ノンバンク系です。

ここでビジネスローンを組んでいるとわかると、銀行は貸してくれなくなるどころか・・・

それまでの融資まで資金回収に走ってくる場合もあるらしいのです。
つまりもうそこから借りるように危ない経営状態なのではないかと判断されてしまうらしいのです。

ですから、緊急避難的という場合でも、融資を受ける際には十分考慮しなければなりません。

かりにそこでビジネスローンを借りるしかなかったら、できるだけ速やかに返済して、他の融資先から知られないようにしないといけないでしょう。
page top