事業ローン・資金調達・資金繰り解消に

新規開業資金の融資制度

日本政策金融公庫で開業資金を融資してもらうのが一番有利です。

国民生活事業として新企業育成貸付というものが用意されています。

これから新規に創業する人だけでなく、起業して5年以内の人も借りることができる事業ローンです。

ただし、以下のような条件があります。この条件の1つ以上に当てはまる必要があります。

勤められてきた会社と同じ業種で事業を始める場合は、その企業に6年以上勤めていること。

それは他社との通算でもいいのですが、同じ業種である人用があります。

大学で取得した技能と特に密接な関係がある職種で、2年位士業の金属経験があり、その職種と関係が深い事業で起業する場合

技術やサービス等に工夫を加えたようなニーズに対応する事業を始める人というものがありますが、これは、経験がないビジネスでも新たな需要が掘り起こせるように新規性のあるビジネスのことだと考えられます。

また経験がない業種でなくても、雇用が生み出されると考えられる事業であれば、いいという条件もありますので、人を雇うことが前提の事業であれば条件は満たせると思います。

事業ローンの審査時間は

銀行のビジネスローンですと、早くても融資を実際に受けるまでは4、5日はかかります。

 

一般的には審査から融資までは、1週間から10日はかかるでしょう。

 

もちろんスピード融資のタイプのカードローン型のビジネスローンもあるにはあります。

 

ただすぐに融資をしてもらいたいばあは、ビジネスローンで即日融資してくれるところはまずないと思ってください。

 

ノンバンクでも最短で即日審査、翌日融資が外科医と思っておいてください。

 

ですから、即日現金が必要な場合は個人向けカードローン、消費者金融系が手っ取り早いです。

 

もちろん総量規制がその場合はかかる理ますし、即日となると50万円ぐらいが限度ではあります。

事業融資記事一覧

中小企業や個人事業の場合、市場で資金を調達することができませんから、まずは自己資金と、公庫で資金調達をします。しかし、それだけで事業を伸ばしていくことはできません。どうしたって、銀行から融資を得て、事業を拡大させていくしかないのです。新しい利益を生みだすには、投資をしなければなりません。既存のビジネスだけで拡大していくことはできないですから、

銀行でビジネスローンを直接借りるよりも、もっと有利な条件で借りる方法があります。それは、自治体の制度融資を利用する方法です。各自治体は、地元の中小企業の事業活動支援をしています。事業税は地方税ですから、自治体の経営に、事業所の繁栄が不可欠なわけですから当然です。しかし、今は殆どの地方自治体が、自分で直接自治体の予算から捻出して資金融資をしていることはないようです。

page top