事業資金とは関係なさそうであるキャッシング

キャッシングというのは、基本的には、個人が消費に使うための借入なので

事業資金に使う目的で、しその現金を利用してはいけないことになっています。

銀行のカードローンなども、ほとんどが、住宅ローンなどへの利用は認められていますが、

事業資金として利用することはできないとしています。

しかし、現実的に、零細企業、中小企業では、消費者金融でかりたお金を事業資金に充てていることも実際は多いわけです。
現金は一度現金になれば、どの部分がなにに使われるかは分からないわけですし、

小さな事業者にとっては、生活資金も、事業資金も同一生計内のお金で回していたりしますから

その区別はあまりなかったりするわけです。

ですから現実的には、資金繰りが厳しくなったりしたときは、足りなくなった分をキャッシングなどを利用してつなぎ融資的に利用していたりするわけです。

ただし、総量規制ができたため、生活資金として、目的が問われな借り入れが厳しくなってしまいましたので、

事業主などはもともと、結構な融資で残高も残っているわけで、借りられなくなってしまったという場合が多いようです。

事業資金は総量規制の対象ではありませんが、そうなると、キャシングではなくて、事業用途としてビジネスローンなどの商品で融資を受けるしかなくなり

そうなると、事業に関する審査必要になり、逆その方が審査が通りにくいという状況になるわけです。

事業資金とは関係なさそうであるキャッシング関連ページ

キャッシングも時には重要な資金調達になる
入金が遅れて、支払いや引き落としの残高が足りないなんてことは、ビジネスをしていればどうしても起きること