ビジネスローンと個人事業

民間の金融機関でも個人事業者のためのローンというものがあります。

たいてい商品名としては、ビジネスローンというものになっていると思います。

銀行のビジネスローンの場合、無担保で信用貸しという形が多いと思いますがその分、限度額は300万円ぐらいが一般的です。

 

個人事業者でも、開業から3年位たっていて、順調に経営で来ているのだったらこのビジネスローンの利用ができると思います。

 

公庫などに比べれば、金利も高いですし、限度が聞くもちいさいので、あまり大きな資金需要には向きませんが、いざという時のつなぎ融資としては重宝すると思います。

ただし、ある程度取引の実績がその銀行にあったほうが、スムーズに審査ができるので、

ビジネスローンのある銀行とは、普段の付き合いをしておくようにした方がいいと思います。

個人事業主の場合は、地方銀行などでビジネスローン商品があるところがいいでしょう。

新規事業の開業資金には利用できませんが、運転資金が一時的に不足しそうな時などに役立つでしょう。

新規開業資金の融資制度

日本政策金融公庫で開業資金を融資してもらうのが一番有利です。

国民生活事業として新企業育成貸付というものが用意されています。

これから新規に創業する人だけでなく、起業して5年以内の人も借りることができる事業ローンです。

ただし、以下のような条件があります。この条件の1つ以上に当てはまる必要があります。

勤められてきた会社と同じ業種で事業を始める場合は、その企業に6年以上勤めていること。

それは他社との通算でもいいのですが、同じ業種である人用があります。

大学で取得した技能と特に密接な関係がある職種で、2年位士業の金属経験があり、その職種と関係が深い事業で起業する場合

技術やサービス等に工夫を加えたようなニーズに対応する事業を始める人というものがありますが、これは、経験がないビジネスでも新たな需要が掘り起こせるように新規性のあるビジネスのことだと考えられます。

また経験がない業種でなくても、雇用が生み出されると考えられる事業であれば、いいという条件もありますので、人を雇うことが前提の事業であれば条件は満たせると思います。

事業に失敗した人がかりられる事業ローン

さすが、国の金融機関です。事業に一度失敗している人にも手を貸してくれる事業融資制度があります。

再挑戦支援資金というもので、過去に開業して失敗してしまった人でも再挑戦のための事業金を貸してくれるというありがたい制度があるのです。

いくつかの事業していて、一つの事業を失敗してしまったという今も事業をしている人でもいいですし廃業をしている人が再起する場合でもいいわけです。

廃業が条件とされていますので、順調に事業している人や新規開業資金を求めている人は対象となりません。

この事業ローンの貸出額は2000万円ですが、東日本大震災の地震・津波により直接被害を受けたことによるものである場合、または 原子力発電所の事故に関する警戒区域等内に事業所を有していたことによるものである場合は最大8000万円まで融資を受けることができるようになりました。

特に、被害が甚大だった人には、この業ローンの金利はゼロでの勝司家もされることになっています。

事業ローンの審査時間は

銀行のビジネスローンですと、早くても融資を実際に受けるまでは4、5日はかかります。

 

一般的には審査から融資までは、1週間から10日はかかるでしょう。

 

もちろんスピード融資のタイプのカードローン型のビジネスローンもあるにはあります。

 

ただすぐに融資をしてもらいたいばあは、ビジネスローンで即日融資してくれるところはまずないと思ってください。

 

ノンバンクでも最短で即日審査、翌日融資が外科医と思っておいてください。

 

ですから、即日現金が必要な場合は個人向けカードローン、消費者金融系が手っ取り早いです。

 

もちろん総量規制がその場合はかかる理ますし、即日となると50万円ぐらいが限度ではあります。